諫早モデルハウス 構造紹介
2017年4月15日
ブログ

諫早市久山に建築中のモデルハウスの構造の一部をご紹介です。

3月上旬に上棟し、屋根や外壁材・フローリング・断熱材の施工が終わりました。

屋根材は陶器瓦です。スパニッシュ瓦を原型にした南欧風のデザイン性を持ちながら、耐震・耐風性能や防水性能、汚れにくい防汚性能などの機能を合わせ持った軽量瓦です。

詳しくはコチラ → https://www.try110.com/product/kawara/sanrei/をご覧ください。

断熱材には断熱性に優れたアクアフォームを採用しています。建物全体をすっぽり覆う断熱材で、透湿性も低く断熱材内部に湿気を通しにくいため、壁体内の結露を抑制し、建物の耐久性を高めます。

詳しくはコチラ → http://www.n-aqua.jp/products/aquaform/water.html

さらに、太陽光発電・床暖房も装備しています。

断熱性が高く、光熱費を抑え、快適にお住まいいただけるような構造となっています。

5月下旬頃のオープン予定です。

構造現場の見学も随時行っています。

構造見学をご希望の方は095-847-7420へご連絡下さい。

 

IMG_0015IMG_0017IMG_0018IMG_0020IMG_0026IMG_0019


モデルハウス来場予約